スキージャンプワールドカップ女子2018蔵王大会を観戦してきた!

スキージャンプ2 観光地

先日「FISスキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会」を観戦しに行ってきました!

私はスポーツに疎くスポーツ観戦もあまりしたことがないのですが、

前々から蔵王で開催された大会の様子をテレビで見て、

「折角なので一度は行ってみたいなぁ」

と思っていましたが、やっと行くことができました〜!

スキージャンプワールドカップレディース2018蔵王の情報・場所

山形駅から蔵王温泉バスターミナルまでバスで行くこともできますが、今回は車で行きました。

W杯用の駐車場からは蔵王温泉までは臨時の無料シャトルが運行されておりそれを利用しました。

シャトルバスを降りてから会場の山形市蔵王温泉のクラレ蔵王シャンツェ(山形市蔵王ジャンプ台)までは徒歩15分くらいでした。

日程

平成30年(2018年)の日程。

個人第1戦:1月19日(金) 試技16:00~ 競技17:00~
団体戦:1月20日(土)  試技16:00~ 競技17:00~
個人第2戦:1月21日(日) 予選14:45~ 競技16:00~

駐車場の場所・地図

駐車場の場所は蔵王温泉の盃湖の近くの蔵王総合グラウンド付近サッカーコートと夏は広い空き地になっているような場所で約200台ほど駐車できるようです。

料金は無料でした。

参考ホームページ

FISスキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会について

いざクラレ蔵王シャンツェへ!

私はウィンタースポーツが全くできないので冬の蔵王にはあまり縁がなく、久々に雪の蔵王を見ました!

こちらは駐車場。

蔵王総合グラウンド付近の駐車場

駐車場は2箇所あり、どちらもかなり広かったです。

県外ナンバーの車も多く、近隣県をはじめかなり遠いところからきてる車もあって驚きました!

車を駐車したら防寒着を着込んでバスに乗ります!

 

こちらが駐車場から蔵王温泉まで行く無料シャトルバス!

無料シャトル

ほぼ満車状態でした!

ちょうどシャトルバスが運行開始される試合開始1時間前だったので、一番バスに乗れました〜

 

バスで数分、多分3分ぐらい?で蔵王温泉!

蔵王温泉街

15分くらい歩いて会場に向かいます。

今年は雪が降るのが早く「雪多くなるかな〜」と思いましたが、

それほどでもなく、蔵王までの道中道路には雪がなく、蔵王温泉街入ってから根雪が見られました。

 

そしてこちらが、W杯会場の目印のゲート!

スキージャンプW杯会場

 

すぐ隣には蔵王のスキー場。

蔵王温泉スキー場

 

こちらは「甘えび汁」などの屋台!

屋台

「ウィンタースポーツ少年育成事業」として売り上げの一部は青少年の育成に使われるそうです。

この他にも山形の郷土料理「芋煮」の屋台もありましたよ!

 

この屋台の裏手には仮設トイレがありました。

和式だけでなく洋式トイレもあって驚きました!さすが国際大会!!

あと、この近くに大きめのプレハブでできた休憩所がありました。

石油ストーブがついてて冷えた体からだを温めることができます。

大変ありがたいことに、フリードリンクのココアとレモンティーが用意されていて、自由に飲むことができました。

 

後日家で撮影したものですが、こんな応援の旗をもらいました。

応援の旗

旗を持っていざ会場へ!

 

そしてこちらが、クラレ蔵王シャンツェ(山形市蔵王ジャンプ台)

クラレ蔵王シャンツェ(山形市蔵王ジャンプ台)

 

はじめて見たけど……

た、高い!高すぎるっ!!

スキージャンプ台

あんな高い場所からスキーで滑ってきて、さらに飛ぶなんて凄すぎる。

テレビで見るのと実際見るのではスケール感がぜんぜん違う!

あと、まだ試合開始前なのにかなり人来てて驚きました!すごい人気!

 

まだ試技で競技は始まっていませんでしたが、とりあえず勝手がよくわからない状態だったので観戦エリアの上の方まで行ってみました。

上の方から見るとこんな感じ!

上の方から見る会場

上からでは大モニターや競技結果の電光掲示板は遠くてよく見えませんね。

スキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会

私のカメラというかレンズはあまりズームできないので上の方で主に観戦していました。

 

スキージャンプはじめて生で見ました!

スキージャンプ1

 

結構トリミングするとこんな感じ。

スキージャンプ1'

本当に飛んでる…すごい!!

 

観戦エリアの上の方から見た方が滑空している様子がよく見えます。

この写真もトリミングしたもの。

スキージャンプ2

選手のみなさん綺麗に飛んでいきます!

 

普段、風景とか物とか料理しか撮影しないのであまりズームできるレンズは持っていないんですが、スポーツ観戦にはズームレンズが欲しいところです。

家族が持っていた超ズームできる”ネオ一眼レフ”ことコンデジのFZ200が壊れてしまったのが痛い><

マイカメラのGX7でもEXテレコンやデジタルズーム機能を使えばもっとズームできたんですが…

普段使ってないから、ここぞという時使い方がわからないというorz

 

下の方から見るとこんな感じ!

スキージャンプ3

飛距離を見るには下の方が見やすいかもしれません。

それに大モニターや競技結果の電光掲示板もあるので、色々と情報が得られ状況がわかりやすそうです。

 

体が冷えたので競技の合間に屋台で芋煮と…

芋煮

 

甘えび汁も食べました!

甘えび汁

芋煮は具沢山で美味しかった!

甘えび汁はもう甘えびの出汁がすっごく濃厚で最高でした〜!

 

ちょっと写真がブレブレだけど、山形市のマスコットキャラクターのベニちゃん発見!

ベニちゃん冬バージョン

いつもの着物じゃなく冬バージョンの服をきていました。

靴のさくらんぼがかわいい!

 

夜のクラレ蔵王シャンツェはこんな感じにライトアップされていました。

夜間のライトアップされるスキージャンプ台

ちなみに、この「シャンツェ」とはドイツ語で「ジャンプ台」という意味だそうです。

 

1回目と2回目の間には、こんな風にスキー板を履いたスタッフさんにより人力で着地点の雪がならされていました。

滑走路修復作業

 

赤線が目印のK点(これ以上飛ぶと危険と言われる基準点)などのラインはスプレーを使って書かれていました。

K点修復作業

 

選手たちはジャンプ台脇を通るケーブルカーに乗ってジャンプ台の上のスターティングゲートまで登っていきます。

ケーブルカー

 

こちらはフラワーセレモニー、表彰式を写したモニター!

人が多すぎて直には見れませんでした。

表彰式

この日は、高梨紗羅選手をはじめ日本勢は表彰台入りならず。残念><

まとめ…感想

この日はノルウェーのルンビ選手が圧倒的でした!

スキージャンプ観戦初心者ですが、シャンプ台の先から姿が見えた時点で高さが他の選手と全然違っていました。

会場からのざわめきも際立っていました!

 

実際に会場でスキージャンプを観戦した感想としては…

テレビで見た方が断然よく見える(笑)

やっぱテレビは超いい望遠レンズ使ってますよ。ボジションもいいし撮影技術も素晴らしい。

滑走から、滑空、着地までテレビで見た方がはっきり見れて臨場感があります。

ただ、実際の競技会場ではその場の空気を感じられるのがいい。

凍えるような冷たい風や雪だったり、熱い声援だったり、こんな中で選手は飛んでるということがわかったし、国際大会を直に目にすることができていい経験になりました。

何より驚いたのはスキージャンプ競技の人気!

自分が感じた限りでは、みなさん慣れたもので常連さんが多いように感じました。

 

服装については…とにかく暖かい服装で!

この日は風もあまりなく雪も降っていなかったんですが、晴れていた分放射冷却が厳しく多分-10℃くらいはあったのかめちゃくちゃ寒かった!

服装は持っている人はスキーウェア、持っていない人はとにかく暖かい格好で、カイロ必須です。

私はハクキンカイロを持って行きました。

本当に暖かい!使い捨てないハクキンカイロで雪国の冬を越す!
星景写真を撮影する際のレンズの結露防止に購入したオイル式のカイロ 「ハクキンカイロ」を購入したのですが… これが使ってみると、めちゃめちゃ暖かくて最高でした! 雪...

服は工夫次第でどうにかなりますが、靴、ブーツは物によってはかなり冷えます。

私は普段使いの冬用ゴム長靴で行きましたが、終盤、足先が冷たくなり辛かった。

ソレルのような耐寒性の高い物がある人はそういう物の方がいいと思います。結構履いている人を見ました。

超防寒-40℃対応!カナダからきたSOREL(ソレル)のスノーブーツ【雪国の冬靴】
先日、FISスキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会を観戦してきました! で、その時活躍したこの靴のレビューをしたいと思います! 住んでいる場所や地域にも...

あと、テムレスやダイローブの手袋をしている人もいて、見た目気にしないって人はこれよさそうです!

雪かきにスノートレッキングに!?防寒テムレス導入してみた!!
「今年も根雪にならない?」なんて思っていましたが… 寒波到来!!一晩でごっそり積もりました(汗) 去年までは手袋は軍手で雪かきしていたのですが、今年は「防寒テムレス」を...

寒かったら早めに帰ろう、と思っていましたが、暖かい休憩所で温まることができたので、最後まで見ることができました。

最悪寒すぎるって場合は、休憩所の中から窓越しに競技の様子を見ることもできたので意外となんとかなりました。