雪国最強の冬靴はこれ!ミツウマの長靴!【雪国の冬靴】

シェアする

ミツウマの長靴

前回に続き今回も【雪国の長靴】のレビューを…

今回は「ミツウマ」の長靴をレビューしたいと思います!

「雪国最強の長靴はこれ!」

と、タイトルで書いちゃっていますが、自分が雪国歴が短く知らないだけで、他にもいい長靴メーカーがあるかもしれません。

が、ミツウマの長靴…かなりいいです!

ミツウマは、北海道小樽市にあるゴムメーカー。

立地的にも冬靴の品質に期待ができます。

雪国の冬靴はゴム長靴が最強!

山形に越してきて2回目の冬のこと。

当時、そこそこのお値段の”防水”のブーツを履いていました。

おしゃれで、雪でも滑らないし、染みないし、暖かいし、よかったのですが…

この”防水”と言うのが…

「アッパーが4cm、4時間防水加工」

というものだったんで…

2シーズン持たずに、水がしみて濡れるようになってしまいました><

アウトドアメーカーのおしゃれなスノーブーツを履いている人もいますが、山形では雪がごっそり積もるような頃になると、老若男女、

長靴

もっというと

ゴム長靴

を多くの人が履いています!

というか、一家に一足ゴム長がないと雪かきできないので

生活必需品です!

ゴム長なら濡れないし丈夫なので人気なのもすごく納得です。

冬用のゴム長靴を!

ミツウマのおしゃれな普通の長靴が安売りされているのを見つけて、

「これに厚手の靴下履けば、夏も冬も使えて一石二鳥じゃーん!!」

と思ったんですが…

これが大間違いだったorz

普通のゴム長靴は…まあ…

ただのゴムで…

キンキンに冷えきって…

めちゃめちゃ冷たかったッ!!

冷たすぎて痛かったッ!!

冬用の長靴を購入する際は必ず中に

冬の防寒仕様のウレタン素材などの裏地

が付いているものを選びましょう!

そうしないとしもやけになってしまいます><

ちなみに、その普通の長靴はこれ。

ゴム長靴なのにおしゃれです!

ガーデニングなど庭仕事だけでなくアウトドアなどにも使えるおしゃれなデザインです。

雪国の冬靴

ミツウマの長靴のレビューの前に…

雪国山形に越してきた管理人が感じた雪国の冬靴について!

一番使用頻度が高いのが…

ショートからミドル丈のスノーブーツ!

冷え込みが厳しくなる晩秋から小雪時、根雪になる前、雪が比較的きれいに片付いている街中やショッピング時に。

防水で靴底が滑りにくく、信頼のゴアテックス製のアサヒトップドライのブーツがおすすめです。

おしゃれなのに防水透湿のゴアテックス素材でできている、「アサヒ トップドライ」のブーツを買いました! 「雪国の冬靴...

次に使用頻度が高いのが…

冬用のウレタン裏地などが付いたラバーブーツ…

もっとはっきり言うと…冬用のゴム長靴ッ!!

新雪がごっそり積もった時、根雪になったとき、そして雪国では雪かきの必需品です!

ここ数年暖冬傾向であまり根雪にならないので使用頻度は減ってきてるかも。

私は三頭の馬の顔マークが目印のミツウマの長靴を愛用しています。

そして、使用頻度は一番低いのですが…

超防寒のスノーブーツ!

冬の雪祭り、スノートレッキング、ウィンタースポーツ観戦、アウトドア、ワカサギ釣り、初詣などなど…

長時間雪の中で過ごす冬のアクティビティーに活躍します。

先日、FISスキージャンプワールドカップレディース2018蔵王大会を観戦してきました! で、その時活躍したこの靴の...

ミツウマの長靴

前回、アサヒトップドライのブーツの写真を撮ったので、折角なのでミツウマの長靴の写真も撮影しましたー!

ミツウマの長靴

こちらが、愛用のミツウマの長靴!

これ…ゴム長靴なんですよ!とってもおしゃれでびっくり!

ジョッキーブーツみたいなデザインでかっこいいです。

こちらは数年前のものなので、今年のバージョンと履口の感じが違っています。

色は、クロ・ブラウン・キャメル三種類あります。写真のはクロです。

ミツウマの長靴は、S・M・Lなどのサイズ展開になっています。

0.5cm単位ではないので、ピッタリサイズではない場合は、インソールを厚めのものに変えてフィット感を調節します。

「ミツウマ」は北海道小樽市のゴムメーカーですが、この長靴は「Made in Chaina」中国製です。

※長靴の下の箱は、アサヒトップドライのものでミツウマのものではありませんので注意!

履き口のファー

ファー部分は折り返すこともできます!

折るとこんなかわいい感じになります。

履き口のファーの後ろ側

履口の後ろ側はこんな感じの切れ目が入っています。

履き口のファー

履口周辺にファーがあるので、雪が入りにくいです。

ちょっと見づらいですが、長靴の中はウレタンの裏地が付いているので冷たくないです。

ウレタンの裏地は「温かさ」を求めるようなものではなく、あくまでゴムの「冷たさ」を遮るもののような感じです。

ロングブーツのように長さがあるので、外気に接する面が少なくなるので、そういった意味では暖かいです。

冷え性などで足が冷える方は、暖かい厚手の靴下を履くなどしたほうがよさそうです。

ミツウマの長靴 後ろ側

長靴を後ろ側から見るとこんな感じ!

ソールが厚くしっかりしていて、グリップ力があり、雪道でも滑りません。

ゴム長靴なのでそこそこの重さがありますが、日常的に使うのに気になるような重さではありません。

ミツウマ グリーンフィールド

こちらの長靴は、ミツウマの「グリーンフィールド」というシリーズです。

今売られているバージョンは、ファーの部分がボリュウムがあってふわふわしてますね。

先日、積雪が少ないとき用にアサヒトップドライのブーツを購入しましたが、こちらのミツウマのミドル丈の長靴と迷いました。

ミツウマのエメロードというシリーズの長靴で、ゴム長靴には珍しいおしゃれなスウェード調が特徴です。

まとめ…感想

天気予報も雪マークが続くようになり、もうすぐミツウマの出番がきそうです。

山形に来るまでゴム長靴を普段履くことはなかったんですが、ゴム長はいいものですよ!

雨でも雪でも濡れないので本当最高です!

ゴム長の素晴らしさに感動すらしましたよ!

最近は、おしゃれなゴム長も増えて、雪が降らない地域でも梅雨はレインブーツ(ゴム長)を履く人が増えましたよね。

いいですよね〜ゴム長!

雪でも滑らない!染みない!冷たくない!しかも丈夫!

冬の山形のホームセンターでは、必ずと言っていいほど三頭の馬の顔の「ミツウママーク」が入った長靴が並んでいて、県民からの信頼も厚いようです。

ただ、グリーンフィールドシリーズはおしゃれでかっこいいんですが、それ以外は実用性重視の男性向きだったり、年配の女性向けのデザインのものが多く…

もう少しおしゃれなデザインが増えたらいいなぁと思います。

シェアする