可憐なピンクのヒメサユリ!大江町の大山自然公園(山形県)

ヒメサユリの群生

山形県大江町の大山自然公園に群生するヒメサユリの写真を紹介します!

大山自然公園には、およそ6万本のヒメサユリが植えられているそうです。

平成28年度は5月20日(金)~5月29日(日)に大山自然公園ユリまつりが開催されます。

大山自然公園ユリまつりの情報・場所

ヒメサユリはオトメユリともいい、日本特産のユリで山形・新潟・福島・宮城南部の限られた場所にしか群生しない貴重な植物だそうです。

ピンク色でとても可憐なヒメサユリですが、実は環境省のレッドリストで準絶滅危惧に指定されています。(参考:Wikipedia_オトメユリ

例年のヒメサユリの見頃の時期

5月下旬~6月上旬頃

大山自然公園の場所・地図

〒990-1122 山形県西村山郡大江町大字小見大山820

協力金

大山自然公園では、かつて自生していた「ひめさゆり」を増やす活動を地元住民・関係団体が行っています。

「協力金」は、ゆり植栽や公園整備のために使用されているそうです。

大山自然公園のヒメサユリ

大山自然公園にはコテージがあり、そのの周りにヒメサユリが咲いています。

凛と咲くヒメサユリ

ヒメサユリはとても優しいピンク色をしています。ぴったりのネーミングですね。

ヒメサユリの群生

遠くにまだ白い山々が見えます。

ヒメサユリと山々

こちらはまだ残雪が残る月山!

残雪の月山

こっちはちょっと濃いめのヒメサユリ。

鮮やかなヒメサユリ

かつては大山一帯にヒメサユリが咲いていたそうですが、心ない人たちによる乱採取で数十本にまで激減してしまったそうです。

それを大江町では、保護し増やしてかつてのヒメサユリ咲き乱れる大山を取り戻そうと活動しているそうです。

優しいピンクのヒメサユリ

帰りは林を通っていきました。この辺に来るとヒメサユリはまばら。

昔はこの辺にもたくさん咲いていたのでしょうか。

木陰の道

ヤマボウシ?

白い花

まとめ…感想

道はきれいに整備されていて歩きやすいです。

散策路としては短く少し物足りないですが、ヒメサユリを見ながらベンチや芝生でお弁当を食べるのもよさそうです。

十分広い駐車場があり、トイレは管理棟にありました。素敵なヒメサユリを見せていただいたので少しばかりですが協力金を入れてきました。

自生しているユリというと、黄色いニッコウキスゲぐらいしか見たことなかったのですが、ヒメサユリもピンク色が可愛らしくとても素敵です!

山形県では飯豊連峰、朝日連峰、吾妻山の周辺で見ることができるそうです。そういえば、山形市の富神山に咲いてるのを見たことがあります。

大山自然公園から朝日町の一本松公園(椹平の棚田:くぬぎだいらのたなだ)まで車で30分くらいなので、あわせて見に行くのもおすすめですよ。

個人的散策路評価:★★★☆☆ 星3(朝日町の一本松公園とあわせれば星4!)
写真一言:過去の写真見直したらいいのあまりなかった…撮り直しに行きたい。

シェアする