三羽の兎!熊野大社(熊野神社)へ初詣に行って来た(山形県南陽市)

熊野大社 観光地

今年初めのブログは、新年らしく日本三大熊野のひとつ、南陽市の「熊野大社」に以前初詣に行ったときの写真を紹介します!

もう1月11日でちょっと遅い気もするのですが……あけましておめでとうございます!!本年もどうぞよろしくお願いいたします!

熊野大社の情報・場所

熊野大社周辺の道路はかなり狭くなっています。

置賜地方にある南陽市は豪雪地で、冬になると雪でさらに狭くなります。車の運転には十分な注意が必要です。

熊野大社の近くには双松公園があり、春は桜、初夏と秋にはきれいな薔薇が楽しめます。

駐車場

駐車場は神社向かって右の辺りに十数台くらいでしょうか駐車できます。

以前、正月三が日に行ったときは、すぐ隣の南陽市立宮内小学校の駐車場が臨時駐車場になっていて。係の方が誘導していただき使用可能でした。

毎年使用できるのか不明ですが、あくまで年末年始限定だと思います。

熊野大社の場所・地図

所在地:〒992-0472 山形県南陽市宮内3476-1

雪の熊野大社に初詣!

雪の熊野大社の階段

こちらが熊野大社の参道!!

杉の大木と雪が素敵!神社の入口には大銀杏があり秋は紅葉がきれいです。

雪で滑るので気をつけて登りましょう。手すりがあるので、下りは特に掴みながら歩くとよさそうです。

靴は滑りにくい長靴などがおすすめです!あと、とっても寒いので暖かい服装も忘れずに!

 

雪の熊野大社の参道

今年は雪が少ないですが、この年はなかなか多かった(汗)

熊野大社までの道路が雪でかなり狭くて、たどり着くまでかなりハラハラでした。

 

年末年始限定だと思いますが、階段を登ったところに「人形(ひとがた)」(人の形をした紙)が置いてありました!

人型に自分の名前を書き、全身をなで、息を吹きかけて穢れを取り除けるようになっていました。

折角なので、お焚き上げ料を納め、古い年の穢れを払ってから初詣に臨みました!

山形独自というわけではないと思いますが、他県であまり見たことなく山形県に来てから「人形」に触れる機会が増えました。

と言っても、今のところ月山山頂「月山神社」と「湯殿山神社」だけですが(汗)

 

熊野大社 正面

こちらが熊野大社の社殿!!

普段も素敵ですが、雪を被った姿もいいですね〜!

 

山形県南陽市の「熊野大社」は、和歌山県の「熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)」と長野県の「熊野皇大神社」と共に「日本三大熊野」と言われています。

 

雪の熊野大社

重厚な萱葺き屋根が特徴でとても美しい神社ですね。

 

熊野大社の主祭神は、熊野夫須美大神(伊弉冉尊いざなみのみこと)熊野速玉大神 (伊弉諾尊いざなぎのみこと)熊野家津御子大神(素盞鳴尊すさのおのみこと)

「むすひ」の神様を奉る「縁結びの神社」として親しまれています。

 

熊野大社の境内

縁結びのお守りもたくさんありましたよ!

三羽のうさぎ

熊野大社に来たら絶対探したいのが…

 

三羽のうさぎ

「三羽のうさぎ」!!!

 

熊野大社の本殿裏には三羽の兎の隠し彫りがあって……

三羽の兎すべて見つけることができると「願いが叶う」とか「しあわせになれる」

と言われています!

折角なので、参拝の際はぜひ探してみましょう!

 

ちなみに、兎の場所は二羽目まで授与所で頂ける手引書でわかるのですが……

最後の三羽目は「人から聞いたり、場所を教えてしまうとご利益がなくなってしまう」
と言われているのでご注意を!!

 

三羽の兎の場所がわかっても秘密にしておきましょう!

もう何度か熊野大社を訪れているのですが、毎回見に行ってしまいます(笑)

青空の熊野大社もいいものです

熊野大社 初詣

こちらは別の年の熊野大社!

 

熊野大社

青空の熊野大社も素敵です。

まとめ…感想

熊野大社は普段も素敵ですが、やはり雪が積もった冬の時期が個人的におすすめしたいです。

萱葺き屋根と言えば、かなりスケールが違ってきますが「出羽三山神社」もとても素晴らしかった!

神社と人にも相性とかあるのでしょうか。
熊野大社は落ち着いた雰囲気で落ち着きます。あと、なぜかおみくじ引くと大吉が多かったり。たまたまかな!?