富山名物の鱒寿司「富山 ますのすし」を食べてみた【駅弁レビュー】

ます寿司 食べ物

少し前の話ですが、ヨークベニマルで駅弁フェアをやっていて、富山名物の「富山 ますのすし」を食べてみたのでレビューしたいと思います!

たまに駅弁フェアやってる時がありますが、富山のます寿司が売っていると、ついつい買ってしまうんですよね。

富山の名物駅弁「富山 ますのすし」

富山 ますのすしパッケージこちらが、「富山 ますのすし」のパッケージ!実にシンプル!

値段は税込1400円でした。

富山名物のます寿司は複数の企業が販売しているそうですが、こちらは「源」さんという企業のものでした。

JRの富山駅や新高岡駅などで販売しているそうです。

富山 ますのすし中身はこんな感じで、割り箸と、ます寿司を切り分けるプラスチックナイフが付いてました。

蓋が開いてしまわないように、竹と輪ゴムを使って蓋が固定されています。

越中神通川船橋図蓋には「越中神通川船橋図」という絵のシールが貼られていました。鱒を獲っている様子でしょうか。

去年も駅弁フェアで同じます寿司を買って食べたような記憶があるんですが、その時はこんなシールはなかったような?

絵が描いてあると「越中富山名物」って感じでいいですね〜!

笹の葉で、蓋を開けるとこんな感じに、大きな笹の葉がぐるっと入っています。

鱒の押し寿司笹の葉を一枚一枚開いていくと…あざやかな鱒の橙色が!!

鱒の橙色と笹の葉の深緑とのコントラストがきれいですね〜。かすかに笹の葉の爽やかな香りとお酢の匂いがします。

付属のプラスチックのナイフは、そこまで切れ味がよくないので少し力を入れて押すようにして切りました。

「富山 ますのすし」レビュー

押し寿司ご飯は厚さ1cmくらいですが、押し寿司なのでぎっちり詰まっています。

結構ずっしりなので、女性だと全部食べるのはきついかも…かと言って2人でシェアすると少し物足りない量かも。

肝心な味は、脂がのった鱒にほんのり酸味が効いた酢飯がよくあって美味しい!

鱒は全く生臭さがありませんでした。生ものの生臭さが苦手な家族が好んで買ってくるほどなので、そういうの苦手な人でもいけるかも。

そのまま食べても十分美味しいんですが、ワサビと醤油をつけて食べたほうがもっと美味しいかな。邪道かもしれないけどッ!!

まとめ…感想

「駅弁は値段が高い割にあまり美味しくない」ってイメージが強いんですが、やっぱり人気駅弁は違いますね!安心のクオリティ!

普通のお弁当と比べるとちょっと高く感じますが、価値ある美味しさなのでついつい買ってしまいます。

駅弁フェアでは他にも全国の人気駅弁が売られていたんですが、いつもます寿司を手に取ってしまう不思議。

今度は他の駅弁も試してみたいです!