大平地区の雪椿と水芭蕉の群生地(山形市)

鮮やかな雪椿の花

先日、山形市西部にある門伝大平地区にある「大平椿峠散策路」の雪椿と水芭蕉の群生を見てきました!

散策しながら写真も撮影してきたので紹介したいと思います。

大平地区の雪椿と水芭蕉の群生地はちょっと場所がわかりにくいのですが、なかなか素敵でした。

大平地区の雪椿と水芭蕉群生地の情報・場所

例年の雪椿の見頃の時期

4月中旬〜5月上旬頃

平成28年度は5月7日(土)に雪椿まつりが開催されるそうです!

西山形コミュニティーセンターのホームページによると、4月中旬から5月上旬が見頃だそうです。

大平地区の雪椿と水芭蕉群生地の場所・地図

場所は少しわかりにくいですが、雪椿まつりののぼり旗が出ているのでそれを目印にして行きます。

山形市からは県民の森方面へ行き恋人岬より少し手前で左折し、さらに少し進んだところを左折します。

ここから先は道が狭いので車の運転に注意。

砂利で舗装されたそこそこ広いスペースがありそこに車を駐車しました。仮説トイレもありました。

地図はだいたい位置です。拡大して確認してみてください。

大平地区の水芭蕉の群生地

まず水芭蕉エリアを見て回ります!

木道が通っているので歩きやすいですが、木道は狭いので人とすれ違うときや雨が降ったあとなど濡れているときは滑りやすいので注意です。

大平地区の水芭蕉の群生地

県民の森や山形市野草園でも感じたのですが、なんとなく今年は例年と比べて水芭蕉の花が少ないような。

葉っぱも大きくなってるし…少し遅かったかな?

水芭蕉の群生と木道

今年は雪が少なかったので、湿地があまり湿ってないようでした。

木の根元に咲く水芭蕉

あまりよく写真が撮れなかったので数年前の写真を貼っていきます!

この年は花付きがよくいっぱい咲いていました。

水芭蕉の咲く湿地

白くて清楚な水芭蕉の花。花言葉は「美しい思い出」だそうです。

尾瀬では夏の花ですが、山形では春の花ですね!

水辺に咲く水芭蕉

大平地区の雪椿の群生地

続いて雪椿エリアを散策!

雪椿エリアは自然そのものといった感じで細いけもの道のような道を進みます。

道はそんなに急ではありませんが、ごつごつぼこぼことした道なので靴はスニーカーのような歩きやすい靴がおすすめです。

雨が降ったあとなどはぬかるみそうなので注意。

大平地区の雪椿の群生地入口

鬱蒼とした林に雪椿の鮮やかな赤が映えます。

雪椿

辺り一帯人の背丈より大きな雪椿の林が続きます。

雪椿の群生地

アップにしてもきれいです。雪椿の花は一重の花びらがシンプルで美しい。

鮮やかな雪椿の花

ちょっとピーク過ぎ?のような感じだったのでまた撮影しにいきたい!

雪椿の花

県民の森 はんのき広場の水芭蕉

ついでに県民の森のはんのき広場の水芭蕉も見てきました!

み、水が少ない!!

今年は本当に雪が少なかったんですね…

水芭蕉も元気なさげ?ちょっと来るの遅かったかな。

はんのき広場の水芭蕉

こちらは数年前に撮影したはんのき広場の水芭蕉。

水がたっぷりあって生き生きしてました。

ある年のはんのき広場の水芭蕉

葉っぱが小さいのを見ると、この時はちょうど見頃ぐらいの時期でしょうか。

花もぴんとしてて新鮮。

桜もそうでしたが今年は例年にくらべ季節が一週間から10日くらい早く進んでいるように感じます。

花付きのいい水芭蕉

まとめ

静かな森の中ひっそりと群生する雪椿の赤い花。

園芸用の椿のような派手さはありませんが、過酷な冬を乗り越え毎年きれいに花を咲かせる力強い美しさがあります。

沼のまわりの新緑もきれいでたくさんの野鳥がきれいな声で鳴いていましたよ!

散策路は水芭蕉の群生地は木道が整えてありますが、雪椿の群生地は足下ごつごつしているのでスニーカーのような歩きやすい靴がおすすめです。

虫がいるので長めの靴下をはいて足もとを防御するといいかもしれません。私は短めの靴下だったので虫に刺されました><

大平地区の雪椿は何回か見に来ていますが、ちょうどいい時期だった試しがないんですよね。

暖冬のせいか開花時期が早まっているように感じがします。

ぐぬぬ、なかなか難しい。

大平地区の雪椿まつりにはまだいったことがありませんが、西山形コミュニティーセンターのホームページによりますと数量限定でワラビ汁の振る舞いもあるそうです!

個人的散策路評価:★★★★☆ 星4
写真一言:今回も雪椿の鮮やかな赤が色飽和して潰れた…潰れない撮影法極めたい。曇りの日の風景を素敵に撮りたい。

シェアする