カタクリのお花畑!かたくり群生の郷(秋田県仙北市)【春の秋田 花めぐり旅行5】

シェアする

かたくり群生の郷

秋田県仙北市にある日本最大級のカタクリの群生地「かたくり群生の郷」に行ってきました!

想像以上に群生していて、カタクリのピンク色の絨毯は圧巻でした!

散策しながら写真も撮ってきたので紹介します!

【春の秋田 花めぐり旅行】の第5弾は「かたくり群生の郷編」!

早朝の角館武家屋敷桧木内川堤の桜をさくっと楽しんだ後、かたくり群生の郷にやってきました。

かたくり群生の郷の情報・場所

例年のカタクリの見頃の時期

4月中旬〜5月上旬頃

入園料

1人300円

園内のコース整備と保全活動に使用されるそうです。

かたくり館の場所

「かたくり群生の郷」の入口には、「かたくり館」があるので、この施設を目的地に指定していきました。

角館武家屋敷から車で約15分くらいかかりました。近い!

所在地:〒014-0516 秋田県仙北市西木町小山田八津249−1

ピンク色の絨毯!カタクリの大群生地!

早朝の角館の桜を楽しんだ後、コンビニで朝ごはんを食べたりして、「カタクリ群生の郷」に着いたのは朝8時頃。

だったんですが…

すでに結構人が来てました!!

早め早めに来て正解でした(汗)

カタクリ群生の郷は、ちょっとした山になっていて、山の所々にカタクリの群生地が点在していて、自家用車で巡れるようになっています。途中に駐車場も点在しています。

山中の道は狭く一方通行になっていました。

で、かたくり群生の郷へ入っていくと…

カタクリの大群生

辺り一面カタクリの大群生が!!

事前に写真で見ていましたが…

想像以上に圧巻でした!!

かたくり群生の郷

ピンク色と言うか紫色のカタクリが辺り一面咲き乱れ…

まさに絨毯のようでした!

辺り一面びっちり咲いていて夢のように素敵な景色でした。

角館の桜もちょうど満開で見頃でしたが、こちらも見頃でした。

ちょっとうろ覚えですが、ここは入り口から比較的近くに大きな群生地だったかな。

カタクリの花畑

まさにカタクリのお花畑!

なんともメルヘンな感じでかわいい〜!

カタクリの絨毯

カタクリの群生地は保護されているので、ぐぐぐーーーっとズームできるレンズがあるといいかもしれません。

ズームして撮った写真はネオ一眼ことコンデジのFZ200で撮影しました!

カタクリの花

こちらも、ぐぐぐっとズームしてカタクリの花のアップ!

うつむいて咲く姿がなんともかわいらしいです。

カタクリはユリ科の多年草。

ちなみに、花言葉「初恋」だそうです。

カタクリが咲く山

散策路もあるので、のんびり歩きながらカタクリの花を楽しめます。

カタクリ

木陰に咲く姿は妖精のように可憐です。

地元では「カタッコ」「カタンコ」と方言で呼ばれているそうです。

大株のカタクリ

こっちは大きな株のカタクリ!

今では里山に少し咲いているのを見かける程度の珍しい山草カタクリですが、昔はもっとたくさん咲いていたそうです。

かつて片栗粉の原料だったカタクリは、山菜としても食べられていましたが「食べてたら生えなくなってしまった!」なんて話も聞いたことがあります。

というのも、カタクリは成長が大変遅く…

発芽してから開花まで、なんと7〜8年!!

とんでもなく長い年月かかるそうです。

ちなみに、多くの都道府県でカタクリは絶滅危惧種、レッドリストに指定されているそうです。

参考:Wikipedia_カタクリ

辰子姫の涙

白色のカタクリの花

ちょっとピントが甘いですが、FZ200でズームして撮影した白色のカタクリの花!

いっぱいカタクリは咲いているんですが、シロバナは激レアだった!

突然変異?アルビノ?なんでしょうか??

パンフレットには白いカタクリに関するこんな話が載っていました…

最近は辰子姫が流した涙の最後の一滴がシロバナになったとの『辰子姫の涙とかたくりの花伝説』から、恋愛成就の聖地として訪れる方々も多くなり、その受け入れ態勢も整えています。

シロバナを見つけ合掌すれば、恋愛が成就されるといわれます。是非、シロバナを探してみてください。

辰子姫が流した涙の最後の一滴…

なんともおしゃれなお話ですね〜!

あっ…

シロバナ見つけたのに合掌するの忘れた……

まとめ…感想

事前に写真で見て「すごいな〜」と思っていましたが…

実物は本当にすごかった!!一見の価値ありです!!

見頃の時期が角館の桜とちょうど同じ頃なので、合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

とってもおすすめです!

かたくり館の駐車場は広いのですが、かたくり群生の郷内に点在する駐車場は小さめなので、見頃の時期は混雑しそうです。

トイレは、かたくり群生の郷内の数箇所にありました。

次回は、辰子像のある田沢湖へ!

シェアする