2446の石段は結構キツかった!出羽三山神社・羽黒山(山形県鶴岡市 )

杉並木が美しい参道

山形県鶴岡市の羽黒山頂上にある「出羽三山神社」に、羽黒山参道杉並木の2446段の石段を登って参拝してきたときの写真を紹介します!

2446段の階段は……

なかなかキツかった!

出羽三山神社へは有料道路を使い車でもいけるので、体力に自信がない方はそちらが安心です。

あと、キツいキツいと言いましたが幼稚園児でも登れます!(後ほど出てきます)

出羽三山神社の情報・場所

夏真っ盛り9月上旬だったのでもう汗だらだら!水分必須です!

月山登山帰りの人でしょうか。登山服の人もいましたが登山服正解です!

ちょっとした登山レベルです!

服装は、動きやすい服歩きやすい靴が断然おすすめです。

出羽三山(でわさんざん)とは

出羽国(でわのくに)こと今の山形県にある月山(1984m)羽黒山(414m)湯殿山(1504m)の3つの山のこと。

古くから修験者や参拝者が集まる山岳信仰の場として知られています。

三山それぞれは、過去現在未来を表しているとされます。

三山のそれぞれの山は、羽黒山が現世(正観世音菩薩=観音浄土=現在)月山が前世(阿弥陀如来=阿弥陀浄土=来世)湯殿山が来世(大日如来=寂光浄 土=未来)という三世の浄土を表すとされます。近世の出羽三山詣では、羽黒山から入り、月山で死とよみがえりの修行を行い、湯殿山で再生する巡礼が多く行 われ、生まれ変わり(死と再生)の意味をもった「三関三渡(さんかんさんど)」の旅とされました。

引用元:山形県鶴岡市羽黒町観光協会

出羽三山神社へのアクセス

出羽三山神社への行き方は、羽黒山参道を登る方法有料道路を通る方法の2通りあります。

羽黒山参道の2446段の石段を登る

羽黒山参道の入口は「いでは記念館」のすぐ近くにあります。

随神門(参道入口)〜出羽三山神社(羽黒山頂上):所要時間 約1時間

羽黒山有料自動車道を通る

「いでは記念館」に近い羽黒山有料自動車道を通って出羽三山神社まで行けます。

営業期間:通年営業(冬期閉鎖なし)
営業時間:午前7:30~午後5:00(4/25~10/31)
午前8:00~午後4:00(11/1~4/24)
※神社の祭事等により変更する場合があります。
通行料(往復料金):普通自動車 400円

詳しくはこちらの庄内交通のホームページで確認できます。

いでは記念館の場所・地図

2446段の石段を登って出羽三山神社へ参拝する場合、羽黒山参道の入口から近い「いでは記念館」の駐車場を利用します。

〒997-0211 山形県鶴岡市 羽黒町手向院主南72

いでは記念館では、羽黒山のガイドも行っているそうです。

コース・料金・予約については山形県鶴岡市観光連盟のホームページから確認できます。

2446段の石段!天然記念物の羽黒山杉並木の参道

羽黒山に向かう途中にある羽黒大鳥居!この鳥居が目印ですよ!

羽黒山大鳥居

写真はありませんが「いでは記念館」に車を駐車します。

随神門の前にある羽黒山参道の案内図です。

随神門を通った先は神域になります。

羽黒山参道の地図

随神門を通り見えてくるこの赤い橋は神橋。下を流れるのが祓川

昔、出羽三山詣での人たちはここで身を清めたそう。

神橋と祓川

この滝は須賀の滝

須賀の瀧

随神門から徒歩10分くらいの所にある樹齢1000年の爺杉

樹の周囲は10mもあるそう!

爺杉

爺杉のすぐ近くには国宝 羽黒山五重塔

東北地方最古の塔と言われているそうです。

国宝 羽黒山五重塔

羽黒山の参詣道は、江戸時代に作られたそうで、全長約2km、2446段の石段があります。

両脇には、樹齢350〜500年の杉の巨木が立ち並び、国の特別天然記念物に指定されています。

国の天然記念物 羽黒山参道杉並木

難所!一の坂、二の坂、三の坂…

「一の坂」「二の坂」「三の坂」という急な坂があり、こちらはたぶん一番キツい二の坂

近くの幼稚園の年中さん(たしか…)が一生懸命石段を登っていきます!

年中行事で毎年登っているそうです!がんばれ〜!

こんな小さな子供さんでも登れるとは正直驚きました!

急な石段を登る園児

二の坂を登ったところに「二の坂茶屋」があって力餅など売っていました。

ここで一休みするのもよいかも!

随神門から二の坂茶屋まではおよそ30分。キツ過ぎてあまり写真撮ってなかった…orz

杉並木が美しい参道

こちらは、石畳に刻まれたひょうたんと杯

このような彫り物がある石が合計33個あるそうで、全部見つけることができたら願いが叶うとか!?

33個ある彫り物

出羽三山神社

およそ1時間で羽黒山山頂に到着!

こちらが、月山羽黒山湯殿山の三神が祀られている三神合祭殿(さんじんごうさいでん)!

出羽神社(三神合祭殿)

参拝してる人を見てわかるように、

高さ28mとかなりの大きさ!屋根は厚さ2.1mの萱葺き!

国の重要文化財にも指定されています。

写真はありませんが、三神合祭殿の前には鏡池があり正面から撮影するのは難しい。

羽黒山に該当するのは出羽神社(いではじんじゃ)のようです。

月山・湯殿山・出羽神社

ここでお参りすれば出羽三山すべてに参詣したことになる?月山登山が無理な人には助かりますね!

鐘楼と建治の大鐘

こちらも国の重要文化財だそうです。これも大きい!

鐘楼と建治の大鐘

まとめ…感想

羽黒山参道の石畳と杉並、それに三神合祭殿がとても素晴らしかったです。

途中、ホラ貝を吹いた山伏姿の方がたくさんの人を案内していたり、出羽三山神社では修験者姿の人も見かけました。

トイレはたしか参道入口と出羽三山神社の敷地内にあったと思います。

2446段の石段を人手で作るのは大変だったと思います。

あの石段と巨木の杉林が、昔から変わらぬ姿であの場所にあると、思うととても不思議な気持ちになります。

修験者の修行の場でもあったこともあり、あの石段はかなりキツかった〜!

出羽三山神社の三神合祭殿は朱塗りも美しいのですが、何と言ってもあの厚さ2.1mの萱葺き屋根が素晴らしい!

山形県南陽市の熊野大社の萱葺き屋根もかなり大きく感じたのですが、三神合祭殿は本当に大きいです。

この重厚感は実物を見ないとたぶん伝わらない!!

「西の伊勢参り、東の奥参り」といいますが、この夏「東の奥参り」出羽三山詣の旅はいかがでしょうか?

写真一言:思いのほかキツくてあまり写真撮ってなかった。もう一度行きたい。

シェアする